読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がま腫が出来た!現在進行形

お医者さん がま種


f:id:pwater-ms:20161005234126j:image

 

うそみたいな本当の話。

がま腫関連の記事を書いた翌日にがま腫再発……。

 

そんな急に来るの?

って感じで

お昼ご飯食べてる時はなんかちょっと食べにくいなー、変やなぁ、位のもんやった。

お昼休憩で雑談してる時も「何か痛いねーん、再発かも~、きゃはっ」位の軽いノリで喋ってた。

それがみるみる痛くなって舌の下が持ち上がってきてる……。

バイバイバイバイバイバイバイバイバイ

ってなった時に、この状態を話してた会社の人が気を使って「大丈夫ですか?痛み増してます?」って声かけてくれたんですね。

「ヤバイです……病院行っていいですか?」

「もちろん。早く行った方がいいですよ。」

って言ってくれたので、早退して病院へ行きました。

 

もう口腔外科は止めよう、と思い、注射(ピシバニール)で治してくれるのは耳鼻科がやってるらしい、という情報をネットで獲ていたので近くの耳鼻科に予約入れます。(前回鼻血を止めてくれたとこです)

ここではピシバニール(がま腫に注入するお薬)は取り扱ってないだろうけど、もしかしたら大阪で取り扱いのある病院をご存じかも知れない!

 

先生「今日はどうしたのー?」

私「舌の下が腫れて痛いんです。」

先生「ほう、ちょっと診させてねー。…………えらい腫れてるなぁ、いつから?」

私「今日のお昼位からです。」

先生「何か心当たりある?」

私「七月にがま腫の開窓手術したんですけど……」

先生「ほんまかー。中身抜くのは簡単に出来るけど、根本的に治さなあかんから、もう一回前にかかったお医者さんに行った方がいいよ」

私「はぁ、でも私もう切りたくなくて、お薬で治してくれるところ探してるんですけどご存じないですか?」

先生「うーん、めっちゃ腫れるから入院しなあかんかもやで。」

と、なんだか否定的?と思いつつ麻酔の染みたガーゼを口に入れて5分程後ろで待ちます。

 

やはり、この病気珍しいのか婦長さんらしき方が来ていろいろ聞かれます。

「がま腫私聞いたことあるけど、痛い?大丈夫?気分悪くない?」

等。

ここでも切りたくない理由や、喋りにくい、食べにくい等とても不便な事をお話させてもらいました。

かなりのストレス発散です。

 

で、注射で中身を抜いてもらいこの日は終了。

で!先生が病院紹介してくれるらしく。

 

先生「僕の後輩が行ってる病院にメールで聞いてあげてるからやってたら紹介状書いてあげるわ」

私「え、それって切るほうの紹介ですか……?」

先生「ちゃう、君ピシバニールがいいって言ってたからやってるか聞いたるわ。阿倍野やから近いやろ。」

私「ありがとうございます。(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)」

先生「もしやって無くてもな、関西医大やったらやってるからそれも紹介状書いてあげれるし。まぁ阿倍野のが近いから返事待ってからな」

私「わぁ、ありがとうございますぅ。」

良かったぁ、山形までいかなくてもいけそう。

先生「明後日来れるか?」

私「大丈夫です。」

先生「ん、じゃあその時にな。」

 

この時ちょっと考えれば良かったんですけど。

 

その夜、また膨らんできまして。

次の日朝イチで行って中身ぬいてもらってから会社いこうと、会社の人に連絡とかして手配してたんです。

 

で、今日の朝病院へ行こうと診察券をみたら……、

休診日、でした……。

だから明後日来いって言ったのかぁ。_| ̄|○ il||li

急いで会社いったけど。

 

なんかただ朝ゆっくりして来た人みたいになってしまいました。

重役出勤ですわ……

アホですね。